ブログ

catch-img

「紙コップから野菜へ!」

さて、今回のお話は弊社親会社(三菱ケミカル)の取り組みについて


8月12日付けの日経新聞にも記事が出ましたので、

このキャッチフレーズ、目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。


どのような内容なのかと申しますと、

私共の親会社である三菱ケミカルが、

「生分解性樹脂を使用した紙コップを起点とする

堆肥化による循環型システム実現に向けた実証実験を行う」

と発表しました。


というわけで今回は、この循環型システムについて少し具体的にご紹介いたします。


北九州には「ギラヴァンツ北九州」というJ2のサッカーチームがあります。

そのチームが8月22日、28日に「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」というイベントを開催します。


そこで

⑴三菱ケミカルの生分解性樹脂を使用した紙コップ約6,500個を提供し、

⑵使用された紙コップを回収し、食品残渣物などと一緒に堆肥化する。

⑶でき上がった堆肥の一部は地元高校で野菜の栽培に活用し、

⑷さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するとともに、
 当日のスタジアムの飲食ブースでのメニューなどに使用する

循環型システムの実現を目指すというものなのです。


そして、この企画。三菱ケミカルだけでなく、様々な企業が参加します。

例えば、以前(第3回メルマガ)インクの成分のお話しをしましたが、

本件では、紙コップの外側は日本HP社が「HPエレクトロインキ」で印刷することで、

高品質なフルカラーの紙コップが堆肥化設備や土壌で分解可能になるとのことです。


実にサステナブルな取り組みと思いませんか?!


…ただ、肝心のギラヴァンツ北九州はイベントパワーで2か月半振りにようやく勝利したものの、

未だJ3降格の危機に瀕しております(21年8/24現在)

スタジアムと取り組みは最高なので、頑張ってほしいです!